第1節 不動産とその価格


第1節 不動産とその価格 

不動産は、通常、土地とその定着物をいう。土地はその持つ有用性の故にすべての国民の生活と活動とに欠くことのできない基盤である。そして、この土地を我々人間が各般の目的のためにどのように利用しているかという土地と人間との関係は、不動産のあり方、すなわち、不動産がどのように構成され、どのように貢献しているかということに具体的に現れる。 

この不動産のあり方は、自然的、社会的、経済的及び行政的な要因の相互作用によって決定されるとともに経済価値の本質を決定づけている。一方、この不動産のあり方は、その不動産の経済価値を具体的に表している価格を選択の主要な指標として決定されている。 

不動産の価格は、一般に、 

 (1)その不動産に対してわれわれが認める効用 

 (2)その不動産の相対的稀少性 

 (3)その不動産に対する有効需要 

の三者の相関結合によって生ずる不動産の経済価値を、貨幣額をもって表示したものである。そして、この不動産の経済価値は、基本的にはこれら三者を動かす自然的、社会的、経済的及び行政的な要因の相互作用によって決定される。不動産の価格とこれらの要因との関係は、不動産の価格が、これらの要因の影響の下にあると同時に選択指標としてこれらの要因に影響を与えるという二面性を持つものである。


ポイント


重要なのは、「三者(効用・相対的稀少性・有効需要)」「価格と要因の二面性」の2つです。

■三者
三者があるために、不動産は価格(=経済価値=お金を払う価値)が生じます。
 ・効用(満足度や、うれしさのこと)を感じるからこそお金を払う価値がある
 ・稀少だからお金を払う価値がある(必要でも、空気のように無限に存在していればお金を払う必要はない)
 ・誰かが欲しがるからお金が払われる


■価格と要因の二面性
価格と価格形成要因(詳しくは第3章で出てきます)はお互いに影響を与えていることです。

価格は4つの要因で決まる。
 ・不動産の価格=不動産の経済価値を貨幣額で表したもの
 ・不動産の経済価値←三者によって生じる
 ・三者←4つ(自然・社会・経済・行政)の要因で決まる

一方、4つの要因は価格に影響を受ける。
 ・例えば、バブルのように地価があがると、その結果、取引が規制が強化されやすくなります。