Ⅰ 宅地地域

前へ

Ⅰ 宅地地域 

1.住宅地域 
住宅地域の地域要因の主なものを例示すれば、次のとおりである。 

 (1)日照、温度、湿度、風向等の気象の状態 
 (2)街路の幅員、構造等の状態 
 (3)都心との距離及び交通施設の状態 
 (4)商業施設の配置の状態 
 (5)上下水道、ガス等の供給・処理施設の状態 
 (6)情報通信基盤の整備の状態 
 (7)公共施設、公益的施設等の配置の状態 
 (8)汚水処理場等の嫌悪施設等の有無 
 (9)洪水、地すべり等の災害の発生の危険性 
 (10)騒音、大気の汚染、土壌汚染等の公害の発生の程度 
 (11)各画地の面積、配置及び利用の状態 
 (12)住宅、生垣、街路修景等の街並みの状態 
 (13)眺望、景観等の自然的環境の良否 
 (14)土地利用に関する計画及び規制の状態 

2.商業地域 
前記1.に掲げる地域要因のほか、商業地域特有の地域要因の主なものを例示すれば、次のとおりである。 

 (1)商業施設又は業務施設の種類、規模、集積度等の状態 
 (2)商業背後地及び顧客の質と量 
 (3)顧客及び従業員の交通手段の状態 
 (4)商品の搬入及び搬出の利便性 
 (5)街路の回遊性、アーケード等の状態 
 (6)営業の種別及び競争の状態 
 (7)当該地域の経営者の創意と資力 
 (8)繁華性の程度及び盛衰の動向 
 (9)駐車施設の整備の状態 
 (10)行政上の助成及び規制の程度 

3.工業地域 
前記1.に掲げる地域要因のほか、工業地域特有の地域要因の主なものを例示すれば、次のとおりである。 

 (1)幹線道路、鉄道、港湾、空港等の輸送施設の整備の状況 
 (2)労働力確保の難易 
 (3)製品販売市場及び原材料仕入市場との位置関係 
 (4)動力資源及び用排水に関する費用 
 (5)関連産業との位置関係 
 (6)水質の汚濁、大気の汚染等の公害の発生の危険性 
 (7)行政上の助成及び規制の程度