Ⅲ 建物及びその敷地に関する個別的要因

前へ

Ⅲ 建物及びその敷地に関する個別的要因 

前記Ⅰ及びⅡに例示したもののほか、建物及びその敷地に関する個別的要因の主なものを例示すれば、敷地内における建物、駐車場、通路、庭等の配置、建物と敷地の規模の対応関係等建物等と敷地との適応の状態がある。 

さらに、賃貸用不動産に関する個別的要因には、賃貸経営管理の良否があり、その主なものを例示すれば、次のとおりである。 

1.借主の状況及び賃貸借契約の内容 
2.貸室の稼働状況 
3.修繕計画及び管理計画の良否並びにその実施の状態 


(留意事項)

3.建物及びその敷地に関する個別的要因について 
 (1)借主の状況及び賃貸借契約の内容 
賃料の滞納の有無及びその他契約内容の履行状況、借主の属性(業種、企業規模等)、総賃貸可能床面積に占める主たる借主の賃貸面積の割合に特に留意する必要がある。 

 (2)修繕計画及び管理計画の良否並びにその実施の状態 
大規模修繕に係る修繕計画の有無及び修繕履歴の内容、管理規約の有無、管理委託先、管理サービスの内容等に特に留意する必要がある。