総論 4章へ


第5章 鑑定評価の基本的事項 

不動産の鑑定評価に当たっては、基本的事項として、対象不動産、価格時点及び価格又は賃料の種類を確定しなければならない。 

第1節 対象不動産の確定









ポイント


総論5章は、鑑定評価をするために必要な事項について記載してあります。
どんな条件で、どの不動産の、いつの価格を求めるのかといった基本的なことが決まらなければ、鑑定評価を行うことは出来ません。

確定すべき基本的な事項は「対象不動産」「価格時点」「価格又は賃料の種類」の3つです。
短答・論文ともにどれも非常に重要です。定義はしっかりと暗記する必要があります。