Ⅰ 対象確定条件

前へ

Ⅰ 対象確定条件 

対象不動産の確定に当たって必要となる鑑定評価の条件を対象確定条件という。 

対象確定条件は、対象不動産(依頼内容に応じて次のような条件により定められた不動産をいう。)の所在、範囲等の物的事項及び所有権、賃借権等の対象不動産の権利の態様に関する事項を確定するために必要な条件である。 

1.不動産が土地のみの場合又は土地及び建物等の結合により構成されている場合において、その状態を所与   として鑑定評価の対象とすること。 

2.不動産が土地及び建物等の結合により構成されている場合において、その土地のみを建物等が存しない独立  のもの(更地)として鑑定評価の対象とすること(この場合の鑑定評価を独立鑑定評価という。)。 

3.不動産が土地及び建物等の結合により構成されている場合において、その状態を所与として、その不動産の   構成部分を鑑定評価の対象とすること(この場合の鑑定評価を部分鑑定評価という。)。 

4.不動産の併合又は分割を前提として、併合後又は分割後の不動産を単独のものとして鑑定評価の対象とする  こと(この場合の鑑定評価を併合鑑定評価又は分割鑑定評価という。)。