2.限定賃料


2.限定賃料 

限定賃料とは、限定価格と同一の市場概念の下において新たな賃貸借等の契約において成立するであろう経済価値を適正に表示する賃料(新規賃料)をいう。 

限定賃料を求めることができる場合を例示すれば、次のとおりである。 

 (1)隣接不動産の併合使用を前提とする賃貸借等に関連する場合 

 (2)経済合理性に反する不動産の分割使用を前提とする賃貸借等に関連する場合 
次へ