総論 5章へ


第6章 地域分析及び個別分析 

対象不動産の地域分析及び個別分析を行うに当たっては、まず、それらの基礎となる一般的要因がどのような具体的な影響力を持っているかを的確に把握しておくことが必要である。 


第1節 地域分析
















ポイント


総論6章は、地域分析と個別分析です。

市場の特性を把握したり、価格形成要因(総論3章)の分析を行うことで、最終的に最有効使用(総論4章も参照)を判定することが主な目的です。

この章は、似たような事柄が多く、何と何が同じレベルで扱われているか理解することが非常に難しい章です。
ただし、難しいことは書かれていないので、細部を暗記する際に目次を意識しながら読むと良いと思います。

また、「一般的要因」がどこに影響しているかを注意して読むと、試験対策には効果的です。