総論 6章へ

第7章 鑑定評価の方式 

不動産の鑑定評価の方式には、原価方式、比較方式及び収益方式の三方式がある。 

原価方式は不動産の再調達(建築、造成等による新規の調達をいう。)に要する原価に着目して、比較方式は不動産の取引事例又は賃貸借等の事例に着目して、収益方式は不動産から生み出される収益に着目して、それぞれ不動産の価格又は賃料を求めようとするものである。 

不動産の鑑定評価の方式は、価格を求める手法と賃料を求める手法に分類される。それぞれの鑑定評価の手法の適用により求められた価格又は賃料を試算価格又は試算賃料という。 


第1節 価格を求める鑑定評価の手法






ポイント


総論7章は、鑑定評価をするための方式(考え方)と手法(具体的な方法)から構成されます。

物の価値は、費用性、市場性、収益性の3つの観点から考慮されるのが通常であり(価格の三面性)、不動産の鑑定評価の方式も、この価格の三面性を反映した「費用性に着目した原価方式」、「市場に着目した比較方式」、「収益性に着目した収益方式」の3つからなっています。この具体的な手法が総論7章の主な内容となります。

試験対策を考えると、総論全体の半分以上を7章が占めているといっても過言ではなく、短答・論文ともに重要な章です。各手法の定義や算式を正確に暗記し、手法の考え方、手法が有効な場面、具体的な手順をしっかり把握することが重要です。

なお、この章は情報量が非常に多く迷子になりやすいので、ポイント等を先に読み大まかな流れを先に把握することが重要です。細部を覚える前に必ず目次を確認しましょう。各項目ごとの目次を覚えるだけでも、効率は格段に跳ね上がります。


また、論文試験のために暗記する場合、暗記→鑑定理論(演習)の練習→総論7章の暗記、と繰り返すと非常に効果的です。(演習問題を解くと、手順がわかるため細かい部分が理解しやすくなる。)