3.収益分析法

前へ

3.収益分析法 

(1)意義 
収益分析法は、一般の企業経営に基づく総収益を分析して対象不動産が一定期間に生み出すであろうと期待される純収益(減価償却後のものとし、これを収益純賃料という。)を求め、これに必要諸経費等を加算して対象不動産の試算賃料を求める手法である(この手法による試算賃料を収益賃料という。)。 

収益分析法は、企業の用に供されている不動産に帰属する純収益を適切に求め得る場合に有効である。 


(2)適用方法 
 ① 収益純賃料の算定 
  収益純賃料の算定については、収益還元法における純収益の算定に準ずるものとする。この場合において、賃  料の有する特性に留意しなければならない。 

 ② 収益賃料を求める手法 
  収益賃料は、収益純賃料の額に賃貸借等に当たって賃料に含まれる必要諸経費等を加算することによって求  めるものとする。 

  なお、一般企業経営に基づく総収益を分析して収益純賃料及び必要諸経費等を含む賃料相当額を収益賃料と  して直接求めることができる場合もある。 
次へ