2.利回り法


2.利回り法 

(1)意義 
利回り法は、基礎価格に継続賃料利回りを乗じて得た額に必要諸経費等を加算して試算賃料を求める手法である。 

(2)適用方法 
 ① 基礎価格及び必要諸経費等の求め方については、積算法に準ずるものとする。 

 ② 継続賃料利回りは、現行賃料を定めた時点における基礎価格に対する純賃料の割合を標準とし、契約締結時  及びその後の各賃料改定時の利回り、基礎価格の変動の程度、近隣地域若しくは同一需給圏内の類似地域  等における対象不動産と類似の不動産の賃貸借等の事例又は同一需給圏内の代替競争不動産の賃貸借等  の事例における利回りを総合的に比較考量して求めるものとする。