第8節 試算価格又は試算賃料の調整

第8節 試算価格又は試算賃料の調整 

試算価格又は試算賃料の調整とは、鑑定評価の複数の手法により求められた各試算価格又は試算賃料の再吟味及び各試算価格又は試算賃料が有する説得力に係る判断を行い、鑑定評価における最終判断である鑑定評価額の決定に導く作業をいう。 

試算価格又は試算賃料の調整に当たっては、対象不動産の価格形成を論理的かつ実証的に説明できるようにすることが重要である。このため、鑑定評価の手順の各段階について、客観的、批判的に再吟味し、その結果を踏まえた各試算価格又は各試算賃料が有する説得力の違いを適切に反映することによりこれを行うものとする。この場合において、特に次の事項に留意すべきである。 

Ⅰ 各試算価格又は試算賃料の再吟味 

 1.資料の選択、検討及び活用の適否 
 2.不動産の価格に関する諸原則の当該案件に即応した活用の適否 
 3.一般的要因の分析並びに地域分析及び個別分析の適否 
 4.各手法の適用において行った各種補正、修正等に係る判断の適否 
 5.各手法に共通する価格形成要因に係る判断の整合性 
 6.単価と総額との関連の適否 

Ⅱ 各試算価格又は試算賃料が有する説得力に係る判断 

 1.対象不動産に係る地域分析及び個別分析の結果と各手法との適合性 
 2.各手法の適用において採用した資料の特性及び限界からくる相対的信頼性