総論 8章へ


第9章 鑑定評価報告書 

鑑定評価報告書は、不動産の鑑定評価の成果を記載した文書であり、不動産鑑定士が自己の専門的学識と経験に基づいた判断と意見を表明し、その責任を明らかにすることを目的とするものである。 


第1節 鑑定評価報告書の作成指針


Ⅲ 対象不動産の所在、地番、地目、家屋番号、構造、用途、数量等及び対象不動産に係る権利の種類 

Ⅸ 関与不動産鑑定士の氏名 

Ⅹ 依頼者及び鑑定評価書が依頼者以外に提出される場合における当該提出先の氏名又は名称 



ポイント


総論9章は、鑑定士の仕事の成果物である「鑑定評価報告書」に最低限記載すべきことが書かれています。

この章も、他の章より先に読むことで他の章のイメージがつかみやすくなります。

一言一句正確な暗記よりは、項目や気をつける点を漏れなく網羅しているかが求められます。