Ⅳ 区分所有建物及びその敷地


Ⅳ 区分所有建物及びその敷地

1.区分所有建物及びその敷地の価格形成要因
① 建物に係る要因 
② 敷地に係る要因 
③ 建物及びその敷地に係る要因 
(2)専有部分が賃貸されている場合 


(留意事項) 

(2)区分所有建物及びその敷地について 
区分所有建物及びその敷地の確認に当たっては、登記簿謄本、建物図面(さらに詳細な図面が必要な場合は、設計図書等)、管理規約、課税台帳、実測図等に基づき物的確認と権利の態様の確認を行う。 

また、確認に当たって留意すべき主な事項は、次のとおりである。 

① 専有部分 
ア建物全体の位置、形状、規模、構造及び用途 
イ専有部分の一棟の建物における位置、形状、規模及び用途 
ウ専有部分に係る建物の附属物の範囲 

② 共用部分 
ア共用部分の範囲及び共有持分 
イ一部の区分所有者のみに属する共用部分 

③ 建物の敷地 
ア敷地の位置、形状及び規模 
イ敷地に関する権利の態様 
ウ対象不動産が存する一棟の建物に係る規約敷地の範囲 
エ敷地の共有持分 

④ 管理費等 
管理費及び修繕積立金の額