(1)区分所有建物が存する一棟の建物及びその敷地に係る個別的要因


(1)区分所有建物が存する一棟の建物及びその敷地に係る個別的要因 

① 建物に係る要因 
ア建築(新築、増改築又は移転)の年次 
イ面積、高さ、構造、材質等 
ウ設計、設備等の機能性 
エ施工の質と量 
オ玄関、集会室等の施設の状態 
カ建物の階数 
キ建物の用途及び利用の状態 
ク維持管理の状態 
ケ居住者、店舗等の構成の状態 
コ耐震性、耐火性等建物の性能 
サ有害な物質の使用の有無及びその状態 

② 敷地に係る要因 
ア敷地の形状及び空地部分の広狭の程度 
イ敷地内施設の状態 
ウ敷地の規模 
エ敷地に関する権利の態様 

③ 建物及びその敷地に係る要因 
ア敷地内における建物及び附属施設の配置の状態 
イ建物と敷地の規模の対応関係 
ウ長期修繕計画の有無及びその良否並びに修繕積立金の額